追い越し・行き違い

他の車を避ける

追い越しと行き違いについて

ドライバーにとって、追い越しと行き違いについて考えることは安全運転を遂行するためには非常に需要なことです。つまり事故の理由の多くを追い越し、行き違い占めるからです。教習所を卒業されて来た免許保持者の方々は教官から座学、道路実習などで常に譲り合う精神を持つようにと指導を受けてきたことでしょう。

 

最初はその教えを忠実に守りながらも徐々に技術レベルが上がりドライビングに自身が出てくると過信や油断が出ると同時に自分の方が優先である、という根拠の考え方が横行してしまいます。相手側も同じように思ってしまうとどちらも譲ることをしないので結果として事故に繋がるという訳です。これはしかりとした信号がある場所ではなかなか起こりにくく、点滅信号の交差点や一旦停止の三叉路などでよく起きます。

 

つまり、相手が止まるだろう、停まるべきだという考え方が安全意識を低下させ、相手に先に行かせよう、自分が待ってみようという気持ちさえあれば防げる事故なのです。またとにかく早く先に進みたい、ゆっくりと走っている車に対してイライラする方はドライバーの適正として合っていないのではないでしょうか。普段から落ち着いて気持ちに余裕を持つよう心掛ける必要があります。

 
車買取相場表ならこのサイト