追い越し・行き違い

他の車を避ける

未分類


下りの車が上りの車に進路をゆずるルール

2014年7月25日 - 7:43 | 投稿者 tika

車を運転する時というのは、常に平坦な道だけを走行できるとは限りません。
また、常に道路コンディションの良い状態の場所を走ることができるとも限りません。
むしろ、車を走らせていると快適に走ることが出来る場所よりも、常に気を使わなければならないような場所のほうが多いのです。

車を快適に走らせることが出来る場所といえば、高速道路のような信号がなく人もいない場所かあるいは北海道の田舎のように何キロにもわたって広い道幅があり、信号もないような場所に限られてしまいます。

それでは、その逆にとても車を走らせるのに気をつける場所といえばどのようなところかといえば、峠のような視界が悪く急坂が多いところです。
そして、このような場所では重要なルールが有り、上りと下りの車が進路を譲らなければならない状況になった時に、下っている側の車が道を譲らなければならないという決まりがあります。
なぜこのような決まりがあるのかというと、道のゆずりやすさによるものです。
坂を上っている車というのは、一度停車すると再発進が難しくなってしまうことがあります。
しかし、下っている側の車というのはブレーキを外せば、自然に発進することができるため下っている側が道を譲ることになっているのです。

カテゴリー 未分類 | 下りの車が上りの車に進路をゆずるルール はコメントを受け付けていません。

障害物があるときは、障害物のない方の車を先に通すルール

2014年7月25日 - 7:42 | 投稿者 tika

障害物は普段走っているといたる所に存在します。例えば電信柱です。これはどんな道であっても等間隔に設置されているので、常に電信柱に当たらないように運転する必要があります。初心者の時に細い道を通るようにうなった時にはこの電信柱にぶつからないか不安になりながらゆっくりと通り抜けることになります。そして同時に車二台は通れませんが対面通行である道路は多く存在します。普通に車を利用しているとそういった道路を通ることはよくあります。そういった時にもし、反対側から車が来た時にはどうすればいいのかというと、電信柱が邪魔で二台同時に通行出来ない場合には先に電信柱に到達した方の車が待って、もう一方の車が待っている車の横を抜けていきます。これが交通のルールとなっています。もしこのルールを守らなかった場合には、車の横を通り抜ける時に車の側面を電信柱に擦ってしまう場合があります。車には内輪差という前輪よりも後輪の方が内側に来るという現象があります。それによってあまりにも電信柱に近い状態で対面する車を避けた場合には電信柱に車の側面を擦ってしまうという事態が起こります。そういった事を避ける意味で交通ルールを守ることが大切です。

カテゴリー 未分類 | 障害物があるときは、障害物のない方の車を先に通すルール はコメントを受け付けていません。

側方間隔の保持について

2014年7月25日 - 7:42 | 投稿者 tika

側方間隔の保持について考える時、まず運転者の皆さんはどのようなことに気を付けるでしょうか。やはり一番重要なことは自分がその車を乗りながら、どのあたりを走っているかを把握することではないでしょうか。自車のハンドル側、日本車で言えばほとんどが右ハンドルのため、右側の走行についてはさほど苦にはならないと思います。なぜならハンドル側の窓から左の間隔がすぐに確認出来る上、ガラスを開ければより詳しく見ることが出来るからです。しかしながら反対側の席、つまり左側の走行間隔はなかなか把握するのは難しいと思います。教習所などではフロントガラスから見える車のボンネットを参考にボンネットの真ん中あたりに支柱を見据え、その距離感を測りなさいと教えるところがありますが、これも車の車種や座席の高さ、座高の高さによって見え方が違うので一概には言えない部分があります。よって、やはり一番確実なのは通りの少ない車道や広めの駐車場などで座席から見える位置と実際の停車位置とで都度、車を止めて間隔がどれくらい開いているのか、どこまで寄せることが出来るのかを自分の目と体でしっかりと確認し、距離感を養うしかないのでは、と考えています。

カテゴリー 未分類 | 側方間隔の保持について はコメントを受け付けていません。

追い越しの方法について

2014年7月25日 - 7:41 | 投稿者 tika

アイランド04自動車を運転してて、前の車が遅く追い越しをかけたいと思ったことは一度は経験します。
その時にどのように行ったらいいのか不安になる方はおおいでしょう。
危険にしないためにもきちんとした知識で安全に行えば何も問題はありません。
禁止されている場所をきちんと把握していれば大丈夫です。
基本的に黄色のラインで車線が区切られている場所は禁止です。
これは違反なので反則金を取られます。
また、黄色のラインが引いていなくても、山道などのカーブの途中や、見通しの悪い道路では危険です。
交差点の周囲でも禁止とされています。
よく追い越す場面が出てくるのが高速道路です。
方法としては、必ずバックミラーを確認して後続車の有無を見ます。
その後サイドミラーで車線変更したい方向を確認し安全が十分に取れれば、ウインカーを出して車線変更する側のスピードに合わせるため調整をします。
その後車線変更を行います。
前方の自動車が遅くても車線変更する側に自動車がたくさんいる場合や、混雑している場合は無理にしないほうがいいです。
逆に渋滞の原因をつくったり最悪、事故を起こします。
慣れるまでは、極力追い越しはしないほうが無難です。
どうしても、そのような場面が出てくるときは十分以上に安全確認をします。

カテゴリー 未分類 | 追い越しの方法について はコメントを受け付けていません。

道路の右側部分へのはみ出し追い越しの禁止について

2014年7月25日 - 7:41 | 投稿者 tika

道路交通法という法律があるのをみなさんはご存知でしょうか。車を運転される方は、この法律に基づいて自動車教習所で運転の仕方やルールを勉強してますので、その内容も詳しく分かっていることでしょう。細かい事柄も非常に多く書かれてありますが、それを普段の運転に役立てていく事が重要となります。
特にそのルールの中には、それを守らないことによって直接交通事故になってしまうようなものもありますので、そのような事をドライバーの方はしっかりと理解した上で、ルールに基づいた走行が、道路上におきまして求められることとなります。
その中には、道路の右側部分にはみ出して追い越しをしてはいけない、というルールがあります。勿論これに違反しますと、直接対向車との正面衝突が考えられますので、特に重視しなければならないルールでもあります。道路標識にて、或いは黄色の実践で書かれてある中央線がその意味を示しているものですが、これを逆に考えますと、右側部分にはみ出さなければ、前車を追い越す事ができるようになります。これははみ出し追い越し禁止に関する知識でもあります。
このように正しい知識を身に付けることによって、実際の場面での対応が柔軟に取れることとなります。

カテゴリー 未分類 | 道路の右側部分へのはみ出し追い越しの禁止について はコメントを受け付けていません。

追い越しを禁止している場所について

2014年7月25日 - 7:40 | 投稿者 tika

日常生活におきましては、色々な取り決めがなされている事が案外多くあります。私たちの中には、そのルールを守る事が面倒臭いと思われている方もいらっしゃいますが、何故そのようなルールが決められているのかという事をよく考えていただきたいものです。安心して、そして安全に事を進めていくために必要なルールとなりますから、個人がしっかりとそれを実行に移す事が大切です。
車の運転上でも色々な取り決めがなされていますが、特に追い越しに関しましては危険の伴う行為でもありますから、場合によりましては追い越し自体が禁止されている場面も多く決められています。特に標識で禁止されている場所は、とにかく危険が想定される場面ですので、確実に守らなければなりません。
その他にも坂の頂上付近では、指示が書かれていなくても追い越しが禁止されています。向こう側からやって来る車がいた場合に、お互いが見えずに衝突を起こす可能性があるからです。その他にも直接交通事故に結び付くような場所としましてはトンネル内や踏切なんかが考えられますが、このような場所であっても追い越しが禁止されています。万が一運転操作や判断を間違ってしまった場合に、大変になる事が想像できるからです。

カテゴリー 未分類 | 追い越しを禁止している場所について はコメントを受け付けていません。

追い越しが禁止される場合について

2014年7月25日 - 7:40 | 投稿者 tika

アイランド03道路交通法にはいろいろなルールがあります。それは安全に運転するために必要なルールなのです。
例えば追い越しを行う場合のルールとして道路の中央線によって変わります。
基本的に片側1車線以上の道路には中央部分に線がかかれています。
黄色い線は追い越しのためのはみ出しが禁止されている部分です。
白い線はハミ出し禁止という意味でこの線をはみ出すことができません。
白い点線の場合は線をまたいで走行することができます。そのため追い越しや車線変更ができる部分ということになります。
しかしここで注意が必要なのが二十追い越し禁止というルールです。
これはどのようなルールか、具体的には前の車が自動車を追い越そうとしている時に自分も追い越しをかけてしまうと違反となります。
しかし前の車が軽車両や原動機付自転車を追い越そうとしているとき自分も追い越しをかけてもこれは違反とはならないというルールなのです。
要は追い越されるものが自動車か軽車両または原動機付自転車かによってルールがかわるということです。
このようになんとなく理解しているつもりでも実際その時にちゃんと判断ができるかどうかが重要となります。
自分だけの判断で走行してはいけません、安全に走行するためのルールを守りましょう。

カテゴリー 未分類 | 追い越しが禁止される場合について はコメントを受け付けていません。

追い越しと追い抜きの違いについて

2014年7月25日 - 7:39 | 投稿者 tika

アイランド02自動車の道路上での追い越しは、道路や交通状況を瞬時に判断して、自動車の性能や速度に応じたハンドル操作が必要となるため、大変危険な行為となります。「追い越し」とは、自動車が進路を変えて、進行中の前の自動車の前方に出ることを指します。いわば、進路変更となります。交通規則で、追い越ししていけない場合は、追い越しのし方などについて詳細がしっかり定められています。初心者の方は事故を起こしやすい原因となるので、運転技術と経験を十分に積むまでは行うことは大変危険なので、慣れてから行うことが大切です。
又、「追い越し」と間違えやすいのが、「追い抜き」です。「追い越し」との違いは、自動車が進路を変えないで、進行中の前の自動車の前方に出ることを指します。双方どちらも、前の自動車が駐停車をしている時は、「追い越し」「追い抜き」にはなりません。自動車はどちらも原則、右側から、自動二輪車は、原則左側からの行為となります。
追い越しには、禁止されている点がたくさんあります。前の自動車が追い越しをしようとしている場合、自分は行ってはいけません。又、他の自動車に追い越される時は、その追い越しが終わるまで、速度をあげてはいけません。
双方の違いを理解して、事故を起こさないように十分な注意を払って走行することを心がけましょう。

カテゴリー 未分類 | 追い越しと追い抜きの違いについて はコメントを受け付けていません。

追い越しの禁止について

2014年7月25日 - 7:39 | 投稿者 tika

アイランド01前方を走る車が遅い、そんな時には追い越して前の車の前方に出ることも少なくはありません。しかし場所によっては追い越しを禁止している道路もあるため注意が必要です。
その道路は、以下の場所になります。
標識によって規制されている道路、道路の曲がり角付近、上り坂の頂上付近、急こう配な下り坂、トンネル内、交差点及び手前30メートル以内、横断歩道及び手前30メートル以内、踏切及び手前30メートル以内です。要するに、事故が起こりやすい場所や通しが悪い場所では追い越せないということになるでしょう。
また車線からも判断できます。
中央線として引かれている黄色の実線は、黄色い線をはみ出さなければ追い越すことができます。ただし、標識にて禁止されていれば、はみ出すはみ出さないにかかわらず追い越せません。
白い破線は、線をはみ出して追い越すことが可能です。
白い実線は、絶対にはみ出してはいけない、白の2本線はそれを強調しているため何があってもはみ出してはいけないということになるでしょう。
意外と間違って覚えている方も多いので、今一度確認してみてください。ただ、余裕を持った運転をしていれば余程のことがなければ追い越す必要もないので、無理なく安全に走行することを心がけることが大切です。

 

 

 

 

カテゴリー 未分類 | 追い越しの禁止について はコメントを受け付けていません。