追い越し・行き違い

他の車を避ける

追い越しと追い抜きの違いについて

投稿日 2014年7月25日 7:39 AM | 投稿者 tika

アイランド02自動車の道路上での追い越しは、道路や交通状況を瞬時に判断して、自動車の性能や速度に応じたハンドル操作が必要となるため、大変危険な行為となります。「追い越し」とは、自動車が進路を変えて、進行中の前の自動車の前方に出ることを指します。いわば、進路変更となります。交通規則で、追い越ししていけない場合は、追い越しのし方などについて詳細がしっかり定められています。初心者の方は事故を起こしやすい原因となるので、運転技術と経験を十分に積むまでは行うことは大変危険なので、慣れてから行うことが大切です。
又、「追い越し」と間違えやすいのが、「追い抜き」です。「追い越し」との違いは、自動車が進路を変えないで、進行中の前の自動車の前方に出ることを指します。双方どちらも、前の自動車が駐停車をしている時は、「追い越し」「追い抜き」にはなりません。自動車はどちらも原則、右側から、自動二輪車は、原則左側からの行為となります。
追い越しには、禁止されている点がたくさんあります。前の自動車が追い越しをしようとしている場合、自分は行ってはいけません。又、他の自動車に追い越される時は、その追い越しが終わるまで、速度をあげてはいけません。
双方の違いを理解して、事故を起こさないように十分な注意を払って走行することを心がけましょう。

コメントを受け付けておりません。