追い越し・行き違い

他の車を避ける

障害物があるときは、障害物のない方の車を先に通すルール

投稿日 2014年7月25日 7:42 AM | 投稿者 tika

障害物は普段走っているといたる所に存在します。例えば電信柱です。これはどんな道であっても等間隔に設置されているので、常に電信柱に当たらないように運転する必要があります。初心者の時に細い道を通るようにうなった時にはこの電信柱にぶつからないか不安になりながらゆっくりと通り抜けることになります。そして同時に車二台は通れませんが対面通行である道路は多く存在します。普通に車を利用しているとそういった道路を通ることはよくあります。そういった時にもし、反対側から車が来た時にはどうすればいいのかというと、電信柱が邪魔で二台同時に通行出来ない場合には先に電信柱に到達した方の車が待って、もう一方の車が待っている車の横を抜けていきます。これが交通のルールとなっています。もしこのルールを守らなかった場合には、車の横を通り抜ける時に車の側面を電信柱に擦ってしまう場合があります。車には内輪差という前輪よりも後輪の方が内側に来るという現象があります。それによってあまりにも電信柱に近い状態で対面する車を避けた場合には電信柱に車の側面を擦ってしまうという事態が起こります。そういった事を避ける意味で交通ルールを守ることが大切です。

コメントを受け付けておりません。